国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

〜糖質・カロリー・通販情報など〜

こんにゃくベーグルのレシピとして参考に!冷凍保存もありです。

こんにゃくベーグルは、種類が多いので、レシピのバリエーションによって、ベーグルの味も変えると、一層美味しさが広がります。

   

バリエーションが多くなるのは、間違えなくプレーンのこんにゃくベーグルですので、レシピの種類を増やしたい場合は、プレーンをオススメします。

  

野菜をたくさん取りたい場合は、レタスやアボガド、そしてエビと組み合わせると、よりヘルシーなベーグルサンドが出来上がります。

レシピとしては、こんにゃくベーグルを上下に分かれるように横から包丁を入れ、半分に切ります。

そして、レタスを1〜2枚こんにゃくベーグルに引き、スライスしたアボガドを3枚ほど乗せ、エビを好みの数だけ乗せてタルタルソースをかければ出来上がり。

このとき、こんにゃくベーグルとしては、野菜たっぷりの期間限定のケール味がオススメです。

野菜ベーグルとして、オニオンとごぼうのこんにゃくベーグルがありますが、アボガドなどヘルシーな素材と組み合わせる場合は、ケールやチーズベーグル、プレーンベーグルの組み合わせがオススメです。

   

野菜のベーグルのごぼうやオニオンは、どちらかというと、フレッシュな素材より、野菜プラスお肉のレシピの時に使うとよかったです。

  

チーズとベーコンを挟むのは、ほとんどのこんにゃくベーグルに会うので、ゴマでもチーズでもくるみでも合います。

   

  

一方、スイーツ系のレシピと合わせるときは、期間限定のチョコやレーズシナモン、イヨカン、レモン紅茶と組み合わせるのが、オススメです。

   

いちごや生クリーム、バナナ、キウイなどフルーツなら、ほとんど組み合わせられます。

意外とクリームチーズとシンプルにスイート系のこんにゃくベーグルと組み合わせるのも美味しいですよ。  

  

  

レシピは、食材の種類でかなり色々とバリエーションが増えるので、

こんにゃくベーグルに、色々挟んで見ると、低カロリーでいろんな料理を楽しめます。

   

そんなこんにゃくベーグルはこちら

【食フェス特価】 ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル2種類 合計10個セット (5個セット×2組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル メール便 送料込 カロリー