国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

〜糖質・カロリー・通販情報など〜

こんにゃくベーグルのレシピとして参考に!冷凍保存もありです。

こんにゃくベーグルの種類を考えよう

こんにゃくベーグルは種類が多いいため、レシピのバリエーションで、ベーグルの種類を変えるだけで、ワンランク上の美味しさへ生まれ変わります。

 

冷凍保存して、食べてもこんにゃくベーグルは美味しいので、温めて場合。冷やして食べる場合と分けても、食べる楽しみが増えます。

     

どんなレシピに合わせていのか?

オーソドックスに、いろんなレシピに合わせていのであれば、

間違いなくプレーンのこんにゃくベーグルが良いです。ベーグルの間に挟んで食べるのもOKですし、スープにつけて食べる。トマトソースをつけて食べるなど、いろんなバリエーションを楽しむことができ、どんなレシピにも組み合わせることができるのが、プレーンベーグルの良いところです。

 

少しでも、野菜を取りたいを考える方は、ごぼうオニオントマトベーグルからチョイスすると良いです。

 

しかし野菜ベーグルにする場合、チーズベーグルが合います。 

野菜たっぷりベーグルのレシピ

朝から野菜をたくさん取りたいレシピにしたい方は、

 レタスアボガドエビと組み合わせると、ヘルシーベーグルサンドが出来上がります。

 

レシピの手順は、

  1. こんにゃくベーグルを上下に分かれるように横から包丁を入れて半分に切ります
  2. レタスを1〜2枚こんにゃくベーグルに引き、スライスしたアボガドを3枚ほど乗せ、好みの数だけエビを乗せてタルタルソースをかければ出来上がり。

(こんにゃくベーグルは、野菜たっぷりの期間限定ケール味が一番合います。)

 

野菜ベーグルとして、オニオン・ごぼう・トマトのこんにゃくベーグルがありますが、アボガドなどヘルシーな素材と組み合わせる場合は、ケールチーズベーグル、プレーンベーグルの組み合わせがオススメです。

    

  

ごぼうやオニオンベーグルは、どちらかというとフレッシュな素材より、お肉の入ったジューシーなレシピの時に使う方が良いです。

  

簡単レシピ  

他にも、簡単レシピとして、

みなさんよく見る、

  • チーズとベーコンを挟む

シンプルで美味しい一品で、ゴマチーズ・くるみのベーグルが合います。

 

  •  エッグ・レタス   

目玉焼きとレタス、場合によっては、玉ねぎやトマトと鉄板の組み合わせが、一番落ち着きます。

  

  • いちご&生クリーム

スイーツとして、ベーグルを楽しみましょう。冷凍して少し冷やしたベーグルで食べても美味しいです。

 スイーツ系のレシピにする場合は、ベーグルは期間限定のチョコやレーズシナモン、もしくはレモン紅茶と組み合わせるのが、さっぱりして良いです

  

 スイーツとしてバナナ、キウイ、イチジクと生クリームと合わせていただきましょう。

 

  • アイスにつけて食べる

これは、熱々ベーグル限定ですが、ベーグルにアイスをつけて食べるのも、一段と美味しい食べ方です。

  

つけて食べるパターンとしては、クリームチーズやチョコとつける方が熱々で、ベーグルが常温でもかなり合います。

 甘い食べ方の時は、スイート系のレモン紅茶やイヨカンベーグルにしましょう  

  

 

まとめ 

レシピは、食材の種類でかなり色々とバリエーションが増えます。

組み合わせ自由で、挟んでもイイし、付けてもイイし、

ちぎったり、かじったり、冷凍してキンキンでも、逆にアツアツでも

  

いろんな食べ方が低カロリーでできる「こんにゃくベーグル」

  

あなたも、一度こんにゃく生活を始めて見ませんか?   

check→ポイント10倍 ベーグル お試しセット 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料【...