国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

〜糖質・カロリー・通販情報など〜

食べるダイエットの方法!気をつけること。

食べるダイエットの方法として、気をつけること。

   

この夏、痩せるためには、運動、睡眠、栄養と、

ダイエットのためには、食事を抜く、運動を多く取り入れる。

   

など、痩せるために、やらなければ行けないことがたくさんあります。 

  

ダイエットをする上で、必ず不可欠となる要素は、

 

継続する

 

ということです。

 

  

継続は力なりという言葉があるように、

ダイエットも、継続ができないと、すぐにリバウンドが起き、

ダイエット自体も効果が出るのが遅くなります。

   

  

どのダイエットでも言われるのが、

食事制限です。

   

食事をする上で、炭水化物ダイエットやりんごダイエット、あんぱんダイエットなど、

至る食事のダイエットがありますが、

  

継続できるかが、やはり一番重要な要素になります。

   

なるべく低いカロリーで味の種類が多いものほど継続力は続く統計が出ています。

   

   

なので、食事に関するダイエットは、

できるだけ、カロリーが低い食べ物で、種類が多い食べ物が

ダイエットには効果的な食べ物になります。

  

こんにゃくベーグルの力でパワーアップ!!原材料を見ると低カロリーでよりヘルシーなベーグル。

ベーグルのほとんどの原材料は小麦と水です。他にもたまごや牛乳といった脂肪分が多い原材料やコレステロールが多い原材料が多く入っているのですが、こんにゃくベーグルは、それらの原材料が入っていないことと、油も使っていないので低カロリーです。

   

 

もともとベーグルの原材料としては、低カロリーでヘルシーな素材で、200kcalくらいで、トーストよりもはるかに低いカロリーであるのですが、

  

こんにゃくベーグルは、その低カロリーなベーグルと、さらに原材料にこんにゃく粉を加えたことによって、よりヘルシーなベーグルに生まれ変わりました。

  

こんにゃくベーグルの

原材料としては、小麦粉、こんにゃく粉、砂糖、オリーブオイル、イースト、塩が入っています。

  

他に、種類によって入る原材料が違い、

(ごま、くるみ、オニオン、ごぼう、いよかん、レーズン、チーズ、黒米、ココア、レモン、紅茶、ケール、よもぎ、金時豆、チョコチップ)

とベーシックなベーグルと、期間限定のこんにゃくベーグルで157kcal ~216kcalと種類色々。

   

 

【食フェス特価】 ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル2種類 合計10個セット (5個セット×2組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル メール便 送料込 カロリー

こんにゃくベーグルのレシピとして参考に!冷凍保存もありです。

こんにゃくベーグルの種類を考えよう

こんにゃくベーグルは種類が多いいため、レシピのバリエーションで、ベーグルの種類を変えるだけで、ワンランク上の美味しさへ生まれ変わります。

 

冷凍保存して、食べてもこんにゃくベーグルは美味しいので、温めて場合。冷やして食べる場合と分けても、食べる楽しみが増えます。

     

どんなレシピに合わせていのか?

オーソドックスに、いろんなレシピに合わせていのであれば、

間違いなくプレーンのこんにゃくベーグルが良いです。ベーグルの間に挟んで食べるのもOKですし、スープにつけて食べる。トマトソースをつけて食べるなど、いろんなバリエーションを楽しむことができ、どんなレシピにも組み合わせることができるのが、プレーンベーグルの良いところです。

 

少しでも、野菜を取りたいを考える方は、ごぼうオニオントマトベーグルからチョイスすると良いです。

 

しかし野菜ベーグルにする場合、チーズベーグルが合います。 

野菜たっぷりベーグルのレシピ

朝から野菜をたくさん取りたいレシピにしたい方は、

 レタスアボガドエビと組み合わせると、ヘルシーベーグルサンドが出来上がります。

 

レシピの手順は、

  1. こんにゃくベーグルを上下に分かれるように横から包丁を入れて半分に切ります
  2. レタスを1〜2枚こんにゃくベーグルに引き、スライスしたアボガドを3枚ほど乗せ、好みの数だけエビを乗せてタルタルソースをかければ出来上がり。

(こんにゃくベーグルは、野菜たっぷりの期間限定ケール味が一番合います。)

 

野菜ベーグルとして、オニオン・ごぼう・トマトのこんにゃくベーグルがありますが、アボガドなどヘルシーな素材と組み合わせる場合は、ケールチーズベーグル、プレーンベーグルの組み合わせがオススメです。

    

  

ごぼうやオニオンベーグルは、どちらかというとフレッシュな素材より、お肉の入ったジューシーなレシピの時に使う方が良いです。

  

簡単レシピ  

他にも、簡単レシピとして、

みなさんよく見る、

  • チーズとベーコンを挟む

シンプルで美味しい一品で、ゴマチーズ・くるみのベーグルが合います。

 

  •  エッグ・レタス   

目玉焼きとレタス、場合によっては、玉ねぎやトマトと鉄板の組み合わせが、一番落ち着きます。

  

  • いちご&生クリーム

スイーツとして、ベーグルを楽しみましょう。冷凍して少し冷やしたベーグルで食べても美味しいです。

 スイーツ系のレシピにする場合は、ベーグルは期間限定のチョコやレーズシナモン、もしくはレモン紅茶と組み合わせるのが、さっぱりして良いです

  

 スイーツとしてバナナ、キウイ、イチジクと生クリームと合わせていただきましょう。

 

  • アイスにつけて食べる

これは、熱々ベーグル限定ですが、ベーグルにアイスをつけて食べるのも、一段と美味しい食べ方です。

  

つけて食べるパターンとしては、クリームチーズやチョコとつける方が熱々で、ベーグルが常温でもかなり合います。

 甘い食べ方の時は、スイート系のレモン紅茶やイヨカンベーグルにしましょう  

  

 

まとめ 

レシピは、食材の種類でかなり色々とバリエーションが増えます。

組み合わせ自由で、挟んでもイイし、付けてもイイし、

ちぎったり、かじったり、冷凍してキンキンでも、逆にアツアツでも

  

いろんな食べ方が低カロリーでできる「こんにゃくベーグル」

  

あなたも、一度こんにゃく生活を始めて見ませんか?   

check→ポイント10倍 ベーグル お試しセット 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料【...

 

 

こんにゃくベーグルとは?〜カロリーの低い謎が解明〜

ネット通販で人気となっている、こんにゃくベーグル。

  

こんにゃくベーグルとは、ベーグルの中にこんにゃく粉を40%加えたもので、低カロリー。さらにこんにゃくには、食物繊維が多く入っているため、腸内環境を良くしたり、便秘対策にも名が知られています。 

   

また、水分を吸うことによって、膨らむ性質があるため、少しの量で満腹感を感じたり、腹持ちが良くなるため、空腹感を感じにくくなります。

     

  

さらに、他のものと比較すると、

ロールパンは316kcalが一般的のカロリーですが、

こんにゃくベーグルは、157kcalと、

  

かなりカロリーが低く、こんにゃく粉のノンカロリーの凄さが理解できると思います。

   

  

こんにゃくベーグルは飽きがこない?

ダイエットや普段の食事を変えると、どうしても飽きがくるものです。

同じものばかり食べ続けるのは、意外と苦痛なもの。さらに、食べ慣れないとすぐにやめてしまったり、同じ味、同じ食感、同じ食べ物と、同じものが続くと、

なんだかんだ嫌になってくるのが、人間というものです。   

   

ただ、異なる食感、異なる味、異なるバリエーションと、

同じ意識がなくなると、人は続く傾向にあります。

   

   

ただ、注意として、いきなしガラッと変えるのも継続しないため、

まず、変えるとするならば、チョコっと変えるとこから習慣を変えることがオススメです。

   

例えば、毎日朝食に食パンを食べているのならば、

毎日の食パンをベーグルに変える。

   

たったこれからです。

   

特に、朝のルーティーンを変えることは、非常にオススメで、

寝起きは、頭がはっきりしていないことが多いため、

 

「とりあえず食べる」という人がデータ的にも多いです。 

   

  

朝食を変えたことによって、毎朝ベーグルに変えたことで、

毎朝ベーグルを食べる習慣に変わり、自然とカロリー量を調節した体になります。

   

   

こんにゃくベーグルはこちら

   

  

そして、こんにゃくベーグルには13種類あります。

試しにプレーンを食べて飽きがきても、レーズンシナモン、オニオン、くるみと

種類がたくさんあるため、

   

こんにゃくベーグルの味を変えるのも1つの手法。

味のバリエーションが多いと、意外と食習慣が変わっても続くため、

食感が変わる、クルミやケール、ごまと、変えてみると良いですよ。

   

 

さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ  

ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル5種類 合計25個セット (5個セット×5組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル 通常便 送料込 プレーン

蒟蒻リンク集

ウワサのこんにゃくベーグル、楽天通信で発見

 

こんにゃくベーグルの気になるカロリーや糖質について