国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

〜糖質・カロリー・通販情報など〜

こんにゃくベーグルとは?〜カロリーの低い謎が解明〜

ネット通販で人気となっている、こんにゃくベーグル。

  

こんにゃくベーグルとは、ベーグルの中にこんにゃく粉を40%加えたもので、低カロリー。さらにこんにゃくには、食物繊維が多く入っているため、腸内環境を良くしたり、便秘対策にも名が知られています。 

   

また、水分を吸うことによって、膨らむ性質があるため、少しの量で満腹感を感じたり、腹持ちが良くなるため、空腹感を感じにくくなります。

     

  

さらに、他のものと比較すると、

ロールパンは316kcalが一般的のカロリーですが、

こんにゃくベーグルは、157kcalと、

  

かなりカロリーが低く、こんにゃく粉のノンカロリーの凄さが理解できると思います。

   

  

こんにゃくベーグルは飽きがこない?

ダイエットや普段の食事を変えると、どうしても飽きがくるものです。

同じものばかり食べ続けるのは、意外と苦痛なもの。さらに、食べ慣れないとすぐにやめてしまったり、同じ味、同じ食感、同じ食べ物と、同じものが続くと、

なんだかんだ嫌になってくるのが、人間というものです。   

   

ただ、異なる食感、異なる味、異なるバリエーションと、

同じ意識がなくなると、人は続く傾向にあります。

   

   

ただ、注意として、いきなしガラッと変えるのも継続しないため、

まず、変えるとするならば、チョコっと変えるとこから習慣を変えることがオススメです。

   

例えば、毎日朝食に食パンを食べているのならば、

毎日の食パンをベーグルに変える。

   

たったこれからです。

   

特に、朝のルーティーンを変えることは、非常にオススメで、

寝起きは、頭がはっきりしていないことが多いため、

 

「とりあえず食べる」という人がデータ的にも多いです。 

   

  

朝食を変えたことによって、毎朝ベーグルに変えたことで、

毎朝ベーグルを食べる習慣に変わり、自然とカロリー量を調節した体になります。

   

   

こんにゃくベーグルはこちら

   

  

そして、こんにゃくベーグルには13種類あります。

試しにプレーンを食べて飽きがきても、レーズンシナモン、オニオン、くるみと

種類がたくさんあるため、

   

こんにゃくベーグルの味を変えるのも1つの手法。

味のバリエーションが多いと、意外と食習慣が変わっても続くため、

食感が変わる、クルミやケール、ごまと、変えてみると良いですよ。

   

 

さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ  

ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル5種類 合計25個セット (5個セット×5組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル 通常便 送料込 プレーン

蒟蒻リンク集

ウワサのこんにゃくベーグル、楽天通信で発見

 

こんにゃくベーグルの気になるカロリーや糖質について

思わず手が伸びる美味しさ、こんにゃくベーグルは冷凍後でも美味しい。

こんにゃくベーグルは、愛媛県在来種のこんにゃく芋を100%使用しています。

  

冷凍後であっても、少しレンジでチンして、

その後トースターで焼くと美味しくいただけます。

   

 

一柳こんにゃく店は「バタ練り」という伝統製法によるこんにゃく作りを行なっており、

生芋を1つひとつ手作りすると、手間も時間もかかるため、大量生産ができず、生産量も限られます。それでも、手間暇かけても美味しいこんにゃく作りにこだわり続けているのが、一柳こんにゃく店なのです。

   

さらに、冷凍後でも美味しく食べられるためには、

ベーグル作りにも力を入れています。

   

外はカリッと中はモッチリ。そうなるように、

ベーグル職人も手間がかかっており、

 

原料を混ぜた後に、一次発酵。

一次発酵をさせた後に、発酵させた生地を1つ1つ手作業で伸ばして、空気抜きをしてベーグルの形に整えます。

 

このひと手間が出来上がりの生地をさらに細かくし、

カリッとした中に弾力のあるもっちり感がでる食感が

出来上がるのです。

   

  

もっちりベーグルはこちら↓

 

ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル4種類 合計12個セット (3個セット×4組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル 送料込 プレーン

 

こんにゃくベーグル!迷ったら、人気順で選ぼう。

こんにゃくベーグルの人気の順位を教えます。

  

一番人気のベーグルは、

157kcalのプレーンベーグル

   

こんにゃくベーグルの、素の味。

やはり、本来のベーグルの味を楽しみたい!

という人が多く、不動の人気ナンバー1

 

こんがり香ばしい、焼き色と弾力のあるもっちり感を楽しめる。ベーシックでこんにゃくベーグルの原点ですね。

プレーンタイプは、いろんな食材を挟みやすく、

食材のサンドイッチによって、食べ方が変わるため、

群を抜いて人気のようです。

  

  

第2位は

チーズベーグル

カロリーとしては、216kcalと他のベーグルよりは、

少し高めのカロリー高めのベーグル。

とは、いっても低カロリーですけどね。

  

チーズ好きに大人気で、チーズの香りとコクが加わった、深い味わいに仕上がっているため、食事系のベーグルに相性ば抜群!

トースターで温めると、チーズのなんともいえない香りが食欲をそそります。

   

   

さて、続いて、

第3位は、くるみベーグルです  

意外と、ナッツ好きファンが多く、ベーグルのカリっともっちり感に加え、ナッツの食感がトリコになってしまうベーグル。

   

  

意外と5位にレモン紅茶がランクインしてくるというように、

3位までは、無難なベーグルだったのに対し、

  

斬新なベーグル。今までになかったベーグルも

順位を上げている様子です。

   

こんにゃくベーグルのランキングは商品ページからどうぞ↓

 

 

 

こんにゃくベーグルの種類もたくさん♪

もっちり美味しい、こんにゃくベーグルは、

実は、お味の種類もたくさんあります。

  

期間限定でチョコ、ケール、よもぎと金時豆、

同じみプレーン、ごま、くるみ、

そしてオニオン、ごぼう、と健康的ベーグルに加え

 

チーズ、いよかん、レーズンシナモン、黒米、レモン紅茶と、

  

オーソドックスなベーグルだけでなく、

一風変わって見える、美味しいベーグル味もあります。

  

レーズンシナモンやいよかん、レモン紅茶、よもぎと金時豆は、そのまま食べても美味しいですが、

   

こんにゃくベーグルの種類によって、

挟む中身を変えて、食べ方を変えれることも

いろんな味のハーモニーが楽しめて、嬉しいですね。

   

  

例えば、ヘルシーに野菜を挟んだ、ベジタブルベーグルにしたいのであれば、ごぼうやオニオンベーグル。

もしくは、期間限定のケールベーグルを使って、レタスやトマト、アボガドを挟んで、ベジタブルベーグ

(こんにゃくもベーグルに練りこまれていますからね)

が美味しいです。

   

   

ちなみに、ケールとは、青臭さを抑えた野菜のベーグルで、栄養豊富なケールが練りこまれたベーグルですので、他のベーグルと違って、独特な食感を楽しめますよ。

   

< 期間限定のこんにゃくベーグルはこちら>