国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

〜糖質・カロリー・通販情報など〜

こんにゃくベーグル、カロリーが低いのは原材料のおかげ!~食物繊維が手軽に摂取~

こんにゃくベーグルは、食物繊維が手軽に取れて、何よりカロリーが低いことが嬉しい。

  

原材料に入っている、こんにゃくは、「腹中の砂おろし」とも呼ばれ、食物繊維を多く含んでおり、こんにゃくの食物繊維は水溶性の食物繊維で「グルコマンナン」と言われています。

このグルコマンナンは水分と結合することによってカサが増え膨張する特徴を持っています。

   

つまり、こんにゃくの効果として、糖質が少なくカロリーが少ないのに、

食物繊維の影響で、食べた後、腹もち感が上がり、食べ応えが上がります。

    

  

美味しく食べれるだけでなく、食物繊維といった、体に必要な要素も摂取でき、

低カロリーでヘルシー!!

   

といった、女性の強い味方となります。

   

  

健康を気にするだけでなく、美容や体型に気になる方へのダイエットにも、

こんにゃくはダイエットの王様と呼ばれるくらい人気な食べ物なので、

   

無理なくカロリーコントロールをしたい方、

美味しくダイエットをしたい方、

低カロリーのこんにゃくベーグルを試したい人には、

   

おすすめです。

   

  

こんにゃくベーグルはこちら↓

ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル4種類 合計12個セット (3個セット×4組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル 送料込 プレーン

 

国産こんにゃくベーグル、一柳の美味しい秘密

もっちり食感の国産こんにゃくベーグル、一柳こんにゃく店が提供している。

ベーグルですが、美味しさには秘密があります。

   

まず、名前の通り「こんにゃく」が40%も配合されています。

   

その結果、ベーグルの

外はカリッと!中はもっちり♪

という、噛めば噛むほど味の美味しさが広がります。

   

この、こんにゃくベーグルに使われている、こんにゃくも、

国産のこんにゃく粉を使用しており、

  

一柳こんにゃく店のオリジナル商品として、人気が高まっています。

   

  

パン・ジャム・シリアル部門のリアルタイムランキングで1位を獲得し、

多くのリピーターに支えれている商品です。

   

  

さらに、こんにゃくであるため、

ヘルシーであり、ご存知の通り食物繊維がたっぷり入っています。

 

詳しくはこちらを

ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル4種類 合計12個セット (3個セット×4組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル 送料込 プレーン

 

食べるダイエットの方法!気をつけること。

食べるダイエットの方法として、気をつけること。

   

この夏、痩せるためには、運動、睡眠、栄養と、

ダイエットのためには、食事を抜く、運動を多く取り入れる。

   

など、痩せるために、やらなければ行けないことがたくさんあります。 

  

ダイエットをする上で、必ず不可欠となる要素は、

 

継続する

 

ということです。

 

  

継続は力なりという言葉があるように、

ダイエットも、継続ができないと、すぐにリバウンドが起き、

ダイエット自体も効果が出るのが遅くなります。

   

  

どのダイエットでも言われるのが、

食事制限です。

   

食事をする上で、炭水化物ダイエットやりんごダイエット、あんぱんダイエットなど、

至る食事のダイエットがありますが、

  

継続できるかが、やはり一番重要な要素になります。

   

なるべく低いカロリーで味の種類が多いものほど継続力は続く統計が出ています。

   

   

なので、食事に関するダイエットは、

できるだけ、カロリーが低い食べ物で、種類が多い食べ物が

ダイエットには効果的な食べ物になります。

  

こんにゃくベーグルの力でパワーアップ!!原材料を見ると低カロリーでよりヘルシーなベーグル。

ベーグルのほとんどの原材料は小麦と水です。他にもたまごや牛乳といった脂肪分が多い原材料やコレステロールが多い原材料が多く入っているのですが、こんにゃくベーグルは、それらの原材料が入っていないことと、油も使っていないので低カロリーです。

   

 

もともとベーグルの原材料としては、低カロリーでヘルシーな素材で、200kcalくらいで、トーストよりもはるかに低いカロリーであるのですが、

  

こんにゃくベーグルは、その低カロリーなベーグルと、さらに原材料にこんにゃく粉を加えたことによって、よりヘルシーなベーグルに生まれ変わりました。

  

こんにゃくベーグルの

原材料としては、小麦粉、こんにゃく粉、砂糖、オリーブオイル、イースト、塩が入っています。

  

他に、種類によって入る原材料が違い、

(ごま、くるみ、オニオン、ごぼう、いよかん、レーズン、チーズ、黒米、ココア、レモン、紅茶、ケール、よもぎ、金時豆、チョコチップ)

とベーシックなベーグルと、期間限定のこんにゃくベーグルで157kcal ~216kcalと種類色々。

   

 

【食フェス特価】 ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル2種類 合計10個セット (5個セット×2組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル メール便 送料込 カロリー

こんにゃくベーグルのレシピとして参考に!冷凍保存もありです。

こんにゃくベーグルは、種類が多いので、レシピのバリエーションによって、ベーグルの味も変えると、一層美味しさが広がります。

   

バリエーションが多くなるのは、間違えなくプレーンのこんにゃくベーグルですので、レシピの種類を増やしたい場合は、プレーンをオススメします。

  

野菜をたくさん取りたい場合は、レタスやアボガド、そしてエビと組み合わせると、よりヘルシーなベーグルサンドが出来上がります。

レシピとしては、こんにゃくベーグルを上下に分かれるように横から包丁を入れ、半分に切ります。

そして、レタスを1〜2枚こんにゃくベーグルに引き、スライスしたアボガドを3枚ほど乗せ、エビを好みの数だけ乗せてタルタルソースをかければ出来上がり。

このとき、こんにゃくベーグルとしては、野菜たっぷりの期間限定のケール味がオススメです。

野菜ベーグルとして、オニオンとごぼうのこんにゃくベーグルがありますが、アボガドなどヘルシーな素材と組み合わせる場合は、ケールやチーズベーグル、プレーンベーグルの組み合わせがオススメです。

   

野菜のベーグルのごぼうやオニオンは、どちらかというと、フレッシュな素材より、野菜プラスお肉のレシピの時に使うとよかったです。

  

チーズとベーコンを挟むのは、ほとんどのこんにゃくベーグルに会うので、ゴマでもチーズでもくるみでも合います。

   

  

一方、スイーツ系のレシピと合わせるときは、期間限定のチョコやレーズシナモン、イヨカン、レモン紅茶と組み合わせるのが、オススメです。

   

いちごや生クリーム、バナナ、キウイなどフルーツなら、ほとんど組み合わせられます。

意外とクリームチーズとシンプルにスイート系のこんにゃくベーグルと組み合わせるのも美味しいですよ。  

  

  

レシピは、食材の種類でかなり色々とバリエーションが増えるので、

こんにゃくベーグルに、色々挟んで見ると、低カロリーでいろんな料理を楽しめます。

   

そんなこんにゃくベーグルはこちら

【食フェス特価】 ベーグル 手作り国産こんにゃくベーグル 送料無料 パン 【冷めても美味しい選べるこんにゃくベーグル2種類 合計10個セット (5個セット×2組)】 セット 冷凍 保存 こんにゃくベーグル メール便 送料込 カロリー